ザブログ

ザビリオのブログ。略してザブログです。写真、手帳、GTDなど、興味のあることを更新していく雑記ブログです。

MENU

Apple Watch series4を1ヶ月使用した感想

f:id:Zabilio:20181123222302j:image

こんばんは、Zabilioです。

先日、Apple Watchを購入した記事を書きました。  

zabilio.hatenablog.com

 

入手できて少し使用したら感想を書こうと思っていたのですが、社畜根性を発揮して残業まみれの生活を送ってしまい、更新が滞っておりました。

チャンスがあったので、1ヶ月使用した感想を更新してみようと思います。

 

 

 

 Apple Watch Series 4の長所

動作が速い

最初のApple Watchから乗り換えたからというのもありますが、やっぱり最新だとアプリの動作が速いです。

買い替え前はタイマーを使うときも手首のApple Watchを使うよりもポケットからiPhoneを取り出して使うほうが速いくらいでした(^^;

その時は通知や活動量のモニター、Siriの天気予報や予定の確認が主だったのですが、Series4にしてからはアプリを積極的に使おうという意欲が出てきます。

画面が広い

以前は42mmを使っていて、今回は44mmを使っています。

Series4の40mmを購入しても、かつての42mm程度の画面の大きさがあったようなのですが、44mmにしたおかげで数値等の入力操作はかなり楽になりました。

表面がツルッとしているタッチパネルで入力に対して慎重にならなくても良い、というのは意外に大きなポイントでした。

インフォグラフの見た目がきれい

購入時に気になっていたのがこのインフォグラフでした。

f:id:Zabilio:20181123222827p:image

買い替え前は色んな情報が提示されるSiriの文字盤も気に入っていました。一方で、時計の針のデザインの文字盤もかっこいいなと感じていたのですが、表示できる情報が少ないという点で選択肢から外していました。

インフォグラフはデザイン的にもかっこいいと感じることができて情報量もそれなりに多く、現状の文字盤の中で一番気に入っています。

このインフォグラフがApple Watch Series 4でしか設定できないという点は、Series 4の長所であると思います。

バッテリのもちが良い

 買い替え前は一日装着していると、寝る前には20~40%程度の残量になっていました。

Series 4は購入してすぐという要素があるにせよ、寝る前に70%ほど残っていることが多いです。

公式サイトでは18時間ということですが、自分の通常の使い方では消耗が少ないみたいです。

 Apple Watch Series 4の短所

モバイル通信を行うとバッテリーの消耗が大幅に増える

これは偶然発見しました。

出先でiPhoneの充電が切れてしまい、予備バッテリーも持っていない状況になりました。

帰路についている途中だったため、そのままバッテリーを買い足すことなく電車に乗っていました。すると、まだ残量は残っていたはずのApple Watchがいつの間にか電源OFFの状態になっていて、起動することができない状態でした。

iPhoneの電池が切れると、たとえ通信の必要がなくてもApple Watchを見る機会が増えると思うのですが、そのタイミングでバッテリが消耗してしまうというのはなんだか微妙だなと思ってしまいました。

具体的にiPhoneとの接続を切った場合にどれくらいの時間バッテリーが持続するかは試してみたくもありますね。

文字盤が見にくい

インフォグラフのデザインを誉めておいての所なんですが、時刻を見ようとしたときにはやっぱり視認性に欠けている気がします。

  • デジタルで平面上に針が表示されているため、アナログよりも針を認識しにくい
  • 時刻を表す数字がなく、分を表す目盛りも0.5分刻みで入っているため、現時刻の識別が瞬時にできない

せめて、文字盤に数字が入っていて欲しかった。

文字盤を横にスワイプすれば簡単に文字盤の切り替えができるから、インフォグラフの文字盤からSiriの文字盤に簡単に切り替えられるように設定しておいた方が良いのかもしれないですね。

モバイル通信があまり必要にならない

購入前から薄々感じてはいたんですが、iPhoneとの連携を切る瞬間がほとんどありません。

なんなら、セルラーモデルになってからはiPhoneを置き忘れたときに出てくるリンク切れマークが出てこなくなって不便になったくらい(笑)

サイクリングとかのワークアウトをするときには便利かもしれないですが、そういう機会が出てくるまで評価は保留ですかねり

少なくとも今のままでは次回モバイル無しを購入することになりそうです(笑)

 

まとめ

Apple Watch Series 4を1カ月使用して感じた長所と短所について記載しました。

バッテリや動作は大幅に改善されているものの、モバイル通信をしようとすると消耗が激しいという印象です。

また、新しく加わった文字盤のインフォグラフはかっこよくて情報量も多いのですが、時刻を見るときに慣れていないと見にくいと感じます。 

とはいえ、この1ヶ月は忙殺されていて主として交換前と同じ使い方しかできていません。

今までと同じ使い方をしていると新しい機能の出番がないのは当然とも言えるので、積極的に新しい機能を使っていったほうがいいんだろうな、とは感じています。 

購入を検討している方の役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連する品物たち

www.apple.com